FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

lovelyきゃば:ハルとなな、そしてめいも・・・ピピも一緒

1代目キャバリア:ハルと2代目キャバリア:ななと3代目キャバリア:めいそして4代目キャバリアピピとの生活の日々を綴ります。

トコちゃんママに会いました・・・ 

 今日は、仕事がお休みだったので、夕方の散歩に出かけたら、途中で、トコちゃんママのご夫婦に会いました。ハルの2ヶ月前にお星様になったトコちゃんのママです。
 トコちゃんの散歩がなくなったので、お二人で散歩をするようになったと言うことでした。
 ずーっとお会いしていなかったので、ハルのことも知らなかったのですが、予想していたので、あまり驚かれませんでした。
 「写真も見たくないでしょー思い出しちゃうものねー」と話していましたが、私は「十分世話出来たから、そんなことはないけれど・・・」と答えました。
 「なな」を迎えることは言い出せませんでした。

 私自身、新しい子を迎えることには、ちょっと躊躇いもありました。ハルがいなくなって、まだそんなに経っていないのに・・・
 でも、ハルとの楽しい思い出がたくさんあるので、そのことを新しい子と生活するたびに、ハルともこんなことしたなーと、きっと思い出すと思うのです。
 自分に都合の良いように理由を付けているような気もしますが、とりあえずは、「なな」を迎えるまでの1ヶ月の間に、ハルとの生活を振り返ってみようと思います。
スポンサーサイト



2008/01/21 Mon. 19:11 | trackback: 0 | comment: 5edit

ハル君が、我が家にやって来た訳は・・・ 

 ハルは、お姉ちゃんの大学入学を機に、我が家にやってきました。
 お姉ちゃんは、小さい時から、動物が好きで、ひよこを飼って、鶏にまで育てたこともありました。
 将来の夢は「動物のお医者さん」でしたが・・・
 とにもかくにも、大学に合格したら、犬を飼うということで、受験勉強に励んだのでした。

 犬種は何にするか、随分と迷って、何件ものペット屋さんを、受験勉強中のお姉ちゃんに代わって回りました。
 友達の家で、ミニチュアダックスが生まれたというので、お姉ちゃんと見に行ったこともありましたが、まだ受験真っ只中で、世話ができないのであきらめました。

 結局キャバちゃんを飼うことに決め、3月の卒業に合わせて迎えられるように、近くのペット屋さんに、、予約をしました。
その結果、迎えたのが、「ハル君」だったのです

 母犬から、なかなか離れなかったとかで、予定よりも遅れてのお迎えでした。
 「一日5分以上は抱いてはいけません!」との厳しい教えを守り、恐る恐るのキャバちゃんとの生活が始まりました。
 「ハル」の名前は、お姉ちゃんがつけました。世界史の中に出てくる人物の名前だそうです。 大抵は、「春」ちゃんて可愛いわねーと言われるので、実は・・・との説明はしないで、母さんは、「ハロルド」のハルです。と訳の分からないことを言ったこともありました。
Scan10011-1 Scan10010-1
2008/01/21 Mon. 13:02 | trackback: 0 | comment: 1edit