FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

lovelyきゃば:ハルとなな、そしてめいも・・・ピピも一緒

1代目キャバリア:ハルと2代目キャバリア:ななと3代目キャバリア:めいそして4代目キャバリアピピとの生活の日々を綴ります。

「なな」のおうちです 

 先週の金曜日の夜に、ネットで注文した「ケージ」が届いたので、土曜日に、パパさんに組み立ててもらいました。
 なかなか立派です。
 今日は、「自動給餌器」も届いて、我が家はすっかりななモード全開です
20080118202324.jpg

背景の悪いところは目をつぶってね笑

 ハル君が「ケージ」の中で生活したのは、ホンの2ヶ月でした。
 ある日お座りをしていたハルの片方の前足が曲がっていることに気付きました。どうも普通の座り方ではないので、病院に連れて行ったところ、「クル病」と診断されました。
 「ケージ」の中での飼育はストップ!2階を自由に動き回っての生活が始まりました。
 幸い大きないたずらもなく、お利口さんに、留守番をしていたハル君でした

20080118214847.jpg

       まだケージの中にいたころのハル君です
 
 でも、今回は「ケージ」の中での留守番をさせようと考えています。
 誰もいない時の地震が心配ですし、どこかに連れて行く時も「ケージ」の中での生活に慣れていれば、キャリーバックに入れて、移動できるかなーと思っています。
 ハル君は、いつも自由にしていましたから、狭い中に入れられるのには、ものすごい抵抗があって、ちょっと大変でした。ハルにとっては、家の中をどこでも自由に動いて生活できたので、それは良かったと思っていますが・・・

 さあーいつでもOKですよー
 でも実際に「なな」がやって来たら毎日戦争のようでしょうね    
スポンサーサイト



2008/01/18 Fri. 21:52 | trackback: 0 | comment: 2edit

「なな」との出会い 

 「なな」と出会ったのは、ブリーダーさんのホームページです。
 
 ハルは病気になっても、一生懸命、私たちに元気なとこを見せて、健気に留守番してくれて、帰ってくると、体をよじって、ちぎれんばかりに尻尾を振って出迎えてくれる姿を見て、一緒に留守番してくれるお友達がいるといいなと思っていました。
 「ハル君、元気になったら、誰かお友達見つけてあげるからねー」と話しながら、スプーンで食事を上げたりしていました。
 でも結局は生きている間には、お友達と一緒に留守番させてはあげられませんでした。

 当分犬は飼わないかなーと思っていましたが、淋しくてネットで、きゃばちゃんたちの姿を見ている時に、elves castleのホームページで、ハルがお星様になったその日に生まれたきゃばちゃんを見つけたのでした。 
 思い切って、メールをすると、すぐにお返事をいただき、そのあとはトントン拍子に、ななちゃんとのお見合いまで進んでいったのでした
F1000014.jpg

      ブリーダーさんが送って下さった「なな」のカワイイ画像でーす
2008/01/18 Fri. 08:28 | trackback: 0 | comment: 2edit