FC2ブログ

12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

lovelyきゃば:ハルとなな、そしてめいも・・・ピピも一緒

1代目キャバリア:ハルと2代目キャバリア:ななと3代目キャバリア:めいそして4代目キャバリアピピとの生活の日々を綴ります。

ハルの病気 

 ハルは、胆管ガンから派生した「肝臓ガン」でした。肝臓の中に、点状にいくつものガンができていました。

 9月初め、食べることが大好きだったのに、急に食べなくなったね。暑さ負けかなーとのんきなこと考えてたけれど、おしっこが茶褐色になって、きれいなピンク色だったおなかが、黄色くなっていて、びっくりして病院に行ったね。血液検査の結果、肝臓の数値が極端に高く、「助かるときは助かるし、だめなときはだめ!」とのなんとも冷たい言葉。もう少しやさしく話してくれてもいいのになーと思ったけれど・・・「原因は何ですか?」「何かの腫瘍かも知れないし、肝炎かも知れないし・・・大学病院でも行かないと原因なんて分からないよ・・・」
 この時点で、別の病院に行ったほうが良かったかも知れないけれど、今までお世話になっていたし、愛想はないけれど悪い先生ではなかったし、この時は、処方された薬をもらって、食事もドッグフードをやめて、ささみや牛肉を煮て、細かく刻んであげるようにしたね。(先生はドッグフード反対派)
 でもあんまり食べてくれなくて、「このまま食べなかったら、死んじゃうよ」との先生の言葉に別の病院に行ったね。
 「食べられるものは何でも食べさせて、とにかく体力はつけないとね。」
 「前の病院でも言われてると思うけど、五分五分だけど、できるだけのことはしましょう!」と言っていただいて、ホント、ほっとしたよ。
 ハルは、「大好きなささみのジャーキー」をペロッと食べて、食事は、母さんがスプーンで食べさせてあげた。
 大学病院での精密検査の結果、「ガン」ということが判明して、予想はしていて覚悟はできていたから、すごく悲しかったけれど、残された時間を楽しく過ごそう!って決めて、毎日生活したね

 
 ハルとの生活は、楽しい思い出ばかりだったから、ハルがいなくなって、すごく淋しくて、亡くなってすぐは、「また留守番させるのは可哀想だから、当分は新しい子を飼うのはやめよう」と思っていたけれど、ハルがお星様になったその日に生まれた「なな」を見つけて、飼うことにしたんだよ。
 ハル!ハルのこと、ずっとずっと忘れないよ!

    10月20日 航空公園に行ったね!落ち葉が似合っていたよ!

   10月20日 航空公園に行ったね!落ち葉が似合っていたよ!
スポンサーサイト



2008/01/17 Thu. 08:37 | trackback: 0 | comment: 0edit